海江田和記です。

ここ最近、毎日ブログを更新しているからなのか、ブログのアクセス数が伸びてきています。
(非常に嬉しいですね)

週に何回かの更新だといつ更新しているか分からないのでブログをわざわざチェックして、新しい記事がアップされていなかったら、だんだんとチェックするのも面倒になって見なくなってしまいますが、毎日朝7時に必ずブログの記事がアップされていることがわかっていることによって毎日見てくれる人が増えてくるのだと思います。

なので、毎日にブログ更新頑張っていきたいと思うのですが、、、、

少し話は変わりますが、情報の出し方は一気に広げるか一貫して広げるかの2パターンがあります。

一気に広げるパターンは広告やプロダクトローンチなどで、一貫して広げるというのはブログやSNSを使った媒体からの発信になります。

売上をあげる速度でいうと一気に情報を広げてしまった方が良いですが、それだけに頼らずに一貫して情報を出すこともやったほうが良いと思います。

一気に広げていくパターンはどうしても「認知→教育→販売」の流れが早いので関係性が築けていないのにサービスの魅力だけで売れていくという状態が生まれます。

もちろん、それはそれで良いことなのですが、私は新規クライアントは一生のクライアントになっていただけるようなマーケティングを組んでいるのでじっくりと信頼関係を構築できる無料媒体はすごく素敵だと思っています。

実際に、私がやっているOECには1年前から気になっていたけどやっと申し込みました!みたいなことを言って入会してくださることも多くて、そういう方はやっぱり良いお付き合いができています。

さて、またまた話が変わりますが、先日OECのメンバーから「どうすればブランディングができますか?」という相談を受けました。

この方は自分のやっているビジネスに競合が多くて自分を選んでもらうためには差別化やブランディングが必要だと思っていたのですが、自分自身をブランディングをさせるために最も効果的なのは申し込みたいと言ってくれた人を断ることです。

例えば、私はひとり起業大学、OEC、個別コンサルティング、マスターマインドト4つのサービスをやっていますが、「まだこの人には早いな」と思った人にはどれだけお金を払ってくれても申し込みを断ることがあります。

例えば、OECで集客の仕組みをまだ作れていないのに個別コンサルティングを受けたいと言われてもお断りします。

そういう人には「まずはOECで頑張ってくださいね!OECで集客の仕組みを作って売上が上がったら個別コンサルティングをお受けします」とお伝えしています。

それを言われると「やっぱりこの人は違うな」と思ってもらうことができます。

なぜなら、どれだけ綺麗事を並べてもほとんどの人はまずは売上が欲しいですから、どんな人にでも売ってしまいます。(よほどひどくない限りは)

でもそこで「ここまでできるようになったら入って来てください」と言えたら販売者と購入者の立場が逆転しちゃうのです。

この状態を作るためには毎月の固定支出を上回るだけの固定収入が当たり前のように入ってくる状態を作らなければなりません。

これを作るには2つのポイントがあります。

まず1つ目は固定支出を抑えてハードルを下げてしまうこと、2つ目は固定収入が作れるビジネスを最低1つ持つことです。

これができればある意味、新規集客しなくてもビジネスを存続させることができるので販売者と購入者の立ち位置を逆転させることができます。

ちなみに私はサービスには明確に入り口の条件を決めていまして、どれだけ入りたいと言われてもその条件を満たしていなければ「まずはこのサービスでここまで来てね」とお伝えします。

そうすれば入りたかった人にとって目指すべき場所になり、憧れの場所になります。

ブランディングをするためには新規のお客さんを断れるだけの状態を作れるかどうか!?

これが一番大切です。