海江田和記です。

昨日まで東京に出張で行っていましてコーチングを受けてきたり、コンサルをしてきたり、お寿司を食べたり・・・してきました。笑

コンサルでは最近愛用しているペニンシュラ東京で三浦さやかさんと会ってきたのですが、なんといよいよ4月に法人化することが決まったそうです。

三浦さんにコンサルを始めたのは昨年の2月からでその時は別の事業をやっていて収益も十数万円だったのですがそこから初月に月収60万円、2ヶ月目から7ヶ月連続で月収100万円以上を稼ぎ続けていまして、今や月収500万円レベルにまで成長しました。

ご自身のスクールもすでに50名以上いて本格的なスクールとして成長していますし、三浦さんもスキルはもちろんのこと、人としての成長もすごいなぁと思って日々私もコンサルをさせていただいています。

 

彼女を見ていると改めて、「人は一瞬で人生を変えられるものだ」と思います。

 

ただ、その一瞬の中には体が耐えきれなくなるぐらいの猛烈な仕事量があったからこそだと思います。

 

ビジネス初期のころを思い出すと車を手で押して動かす感覚に似ていると思います。

車もサイドブレーキを解除して、ギアをニュートラルにすれば手で押して動かすことができますよね!?

 

私も子供の時に車を押して動かす経験をしたことがあるのですが、最初は全然動かないのですが、もう限界まで力を入れて歯を食いしばって車を押すと少しずつ車が動き始めました。

そして、一度車が動き始めるとあとは先ほどのような力をいれなくてもある一定の力をいれているだけで、スムーズに車が動くようになったのです。

 

これが私はビジネスに似ているなぁと思っていまして、最初に限界まで力を入れて歯を食いしばって力を入れると少しずつビジネスが回っていくようになります。

でも、この時に中途半端な力を入れて動かそうとするとどれだけ頑張っても動くことはありません。

そこでほとんどの人は諦めてしまうか、もう少し力をつけないといけないと思って力をつけようとします。

 

ただ、そうじゃないです。

 

まだ力が残っているならもっと力を出し切って限界までやればうまく動き始めるのです。

 

あと少し頑張れば動くのにあと少しを頑張らないから動かないのです。

 

最初に限界まで頑張れば彼女のようにどんどんビジネスがうまくいきはじめるので、あなたがもしスタートアップの状態なのであればとにかく限界まで頑張ってみてください。