海江田和記です。

昨日はいつも仲良くさせていただいている仙道達也さんの忘年会に参加してきました。

実は忘年会やパーティーなどには基本的には参加しないタイプなのですが、ちょっと自分に変化を与えてみたくて今回仙道さんのお誘いということもあって参加しました。

 

参加者はすでに年商数億円をあげている方がたくさんいて年商数千万円は当たり前というレベルだったのですがいろんな方を紹介していただいて人のつながりがすごく広がった感じで楽しかったですね。

 

その中で1つ感じたことがあります。

 

それは、うまくいっているほど痛みを伴って成長しているということです。

 

例えば、すでにうまくいっている人も常に誰かのコンサルを受けています。

 

しかも数百万円レベルのコンサルです。

 

「お金があるからそんな高いコンサルが受けられるのでしょ?」と思うかもしれませんがでも数百万円は数百万円です。

 

そのお金を払うという痛みを追っています。

 

あとは新しいノウハウを学ぶこともそうです。

 

金額に関係なく新しいことを学ぶというのはそれだけで労力もかかるので痛みが伴います。

 

でも、その痛みを楽しんでもっと自分を成長させたいという人だけがどんどん売上をあげて成長できるのです。

 

逆に、成長スピードが遅い人は今ある自分のリソースで何か変化を起こそうとします。

 

そして自分で試行錯誤して、自分でもがいてその結果、大した変化は起きないわけです。

 

なぜならただ、新しいものを取り入れるという痛みから逃げているだけだからです。

 

自分を成長させるためには時間と労力は必ずかかります。

 

でも、その先に大きな成長があると思うので痛みを伴いながらどんどん成長していきましょうね!