海江田です。

コーチやコンサルタントのビジネスで
売上を上げていく時に
一番苦戦するのはコンセプト作りです。

 

「どんなコンセプトにすれば売れるのだろうか」

「競合と差別化するためにはどうすれば良いのだろうか?」

 

このようにに悩んで
とにかく競合と違うコンセプトを作ろうと必死になります。

 

でも、コンセプトを真剣に考えれば考えるほど
自分であることに気づくのです。

 

「競合と差別化できるような違いを自分は持っていないかもしれない・・・」

 

それでも差別化をするために
必死で半ばありもしない独自性を作り出し
競合との差別化を生み出します。

 

そしてそのコンセプトは・・・・・

全然集客ができないものになるのです。

 

もしあなたが

 

「売上を安定させたい」

「集客ができるようになりたい」

 

そう思うのであれば
今日のお話を聞いて実践していただければ

売れるコンセプトを構築することができますので
是非、このまま読み進めてください。

 

まず、コンセプトというのは
何のために作るのでしょうか?

 

「商品を売るためですか?」

「競合と差別化するためですか?」

 

いいえ、違います。

 

あなたのことを知らない
見込み客に興味を持ってもらうために
コンセプトを作るのです。

 

つまり、私のことを全く知らない人が

 

「へぇー海江田っていう人がいるんだ、この人の教えていることちょっと興味あるな」

 

ぐらいに思われたら

コンセプトは成功したと言えます。

 

以前の記事でも書きましたが
人の興味は即決即断です。

秒速で人に興味があるかないかを
瞬時に見分けています。

 

「いやいや、海江田さん、それは言い過ぎですよ」

 

そう思ったあなたは
facebookのニュースフィードを見て
1人1人興味があるかないかを
チェックしていますのでしょうか?

 

していないはずです。

 

秒速でスクロールをしていき
興味をもったら1秒だけ止まる。

 

でも一瞬で興味があるかないかを見極めて
興味があれば文章を読んだり
その人の過去の投稿に行くけど

興味がなければ
またスクロールして他の人の記事を見るわけです。

 

ということはその一瞬で
見込み客に興味を持たせられたら
コンセプト作りは成功ということになります。

 

この一瞬で見込み客に
興味を持たせるために
絶対に抑えておいて欲しい
2つのポイントがあります。

 

まず、1つ目は

「自分の問題を解決してくれるかもしれないと思われるコンセプトにすること」です。

 

これは難しいことではありません。

 

私で言うと

「自宅にいながらでも毎月安定的にクライアントを獲得する集客の仕組み化」

というコンセプトですが

 

「自宅で集客ができるようになりたい」

「売上を安定させたい」

 

このように思う人にとっては
「自分の問題を解決してくれそうだな」と
思うと思います。

 

そして、直感的にそう思ってもらうためには
2つ目のポイントとして

 

「明確でわかりやすい」というのが大事です。

 

コンセプトを話したときに

 

「え?それってどういうことですか?」

 

と聞かれるようなコンセプトは
必ず失敗します。

 

なぜなら、人は分からないことを
理解するというのは面倒に感じるし

ましてや初対面の知らない人の
わからないコンセプトを理解しようなど
誰も思わないからです。

 

見込み客に一瞬で理解してもらえる
わかりやすいコンセプトであり

そのコンセプトを見たら一瞬で
「あ・気になる」と思ってもらえるコンセプトでなければなりません。

 

でも、じゃあ競合と同じことだけ書いて売れるのか?

 

そのように思うと思います。

 

もちろん、同じなら売れません。

 

ここで「差別化」が登場します。

 

差別化というのは
言い回しを変えることではありません。

 

他の人と比べて
自分を選ぶ理由を生み出すのが差別化です。

 

例えば実績で差別化する。

 

過去のクライアント実績が多いなら
その実績を前面に押し出すのは良い方法です。

 

例えば、私なら

 

「3年以上連続で月商1000万円を達成した集客の仕組み化。」

 

とか

 

「過去300名以上のクライアントが月商100万円〜3000万円を達成。」

 

などの実績を打ち出すことで
差別化をすることはできます。

 

もしくはペルソナを絞るという方法もあります。

 

「自宅にいながらでも毎月安定的にクライアントを獲得する集客の仕組み化」

 

これを例えば

 

「治療院コンサルタントに特化した自宅にいながらでも毎月安定的にクライアントを獲得する集客の仕組み化」

 

みたいにペルソナを絞ると
そこで独自性が生まれたりします。

 

差別化する方法は
他にもたくさんありますが

コンセプトとは「カッコ良いことを言う」ということでもないし

「人と違う特殊なノウハウだ」とアピールすることでもありません。

 

自分のことを知らない人に
自分に興味を持ってもらうこと。

 

これこそがコンセプトなのです。

 

また、より詳しいコンセプトの作り方は
今無料で公開している

「集客の仕組み化構築オンラインプログラム」の
第2話で過去の私のクライアントの成功事例を例に
コンセプトの作り方の話をしているので
興味がある方は是非、チェックしてみてください。

https://kaiedakazuki.net/mailmagazineblog/

 

では!