海江田和記です。

昨日、弊社の社員と9月の売上目標の打ち合わせをしていました。

売上目標を作る時はなるべく具体的な数字に落とし込んで戦略をたてるようにしています。

例えば、メルマガの読者を何人獲得するか!?

そこから何パーセントの人にサービスを買ってもらうか!?

メルマガ読者はブログ・faceook・Twitter・広告などからそれぞれ何リスト取得していくか?

など細かく打ち合わせをしていきます。

今までは私が経営している会社は私と秘書だけだったので、自分で戦略を練っていましたが、8月からもともと私がオーナーになっている株式会社TSUNAGUの社長を任せていた森が弊社の社員として戻ってきてくれたので今は私と秘書と森の3人体制で10月からさらに1人社員を採用することになっています。

社長をやってくれていた人が社員になって一緒にやっていくというのはものすごく心強いですし、自分がもう1人いるような感覚があります。

そして、昨日の打ち合わせの時に森から「オンリーワンパートナーズを有名にしたい!もっと大きくしたい」と言われました。

その言葉を聞いて私は嬉しかったのですが、自分自身が今の現状にどこか満足してしまっていることに気がづきました。

私が起業した当初、目指していたのは年商1億2000万円でした。

なぜ、1億2000万円なのかと言われるとテレビで見た起業家が年商1億2000万円と言っているのを聞いて「1人で1億2000万円も稼ぐなんてカッコいい!」と思っただけという超単純でミーハーな理由です。笑

その1億2000万円という数字は私は呪文のように1人で唱えていました。

自転車に乗っている時も「1億2000万円♪」

寝ている時も夢の中で「1億2000万円♪」

寝言でも「1億2000万円♪」

ずっと1億2000万円を目指してやっていました。

だから、月商が500万円を超えた時も全然喜べなくて、「これじゃ1億2000万円いかないじゃないか!!」と本気で自分に怒っていました。

その時はとにかく猛烈にやっていたし、「寝る時間も遊んでいる時間ももったいない!」ぐらいの気持ちでやっていたのですが、1億2000万円という目標を達成してからはどこか自分に満足してしまっていました。

・快適な事務所

・もう十分に満足な収入

・あまり働かなくても売上が十分に入ってくる環境

それを得てしまったので、今期も「まぁそれなりに頑張って売上が伸びていけばいいかなー」みたいな気持ちがどこかにあったと思います。

しかし、森に「オンリーワンパートナーズを有名にしたい!もっと大きくしたい」と言われて自分の考えを改めました。

今の事務所が豚小屋だと思えるぐらいデカくてカッコイイオフィスを作って、社員をもっと雇用して年商50億円を本気で目指して行く。

事業拡大をしながら業界で有名な会社にしていくと心に誓いました。

やると決めたら猛烈にやるので今日も東京に向かう新幹線で戦略を決めて、一気にチームを作ってしまって同時並行で2つほど事業を動かしていきます。

今の現状に満足してたら成長なんて本当にないですね。

だって今のままが一番ラクですからね。

私はラクをして現状に満足しちゃっている自分より理想を追い求めて行く自分の方が好きだな。