海江田和記です。

昨日はOECメンバーの
豊田さんが出演している
ミュージカルをメンバーと一緒に見てきました。

普段、あまり芸術鑑賞とかはしないので
ミュージカルにも初めて行ってきたのですが

本当に素晴らしかったです。

題材としては「不思議の国のアリス」なのですが
しゃべるウサギを追いかけて
知らない世界に入ってしまったアリスが

様々な普通じゃない人たちに
出会っていくのですが

普通じゃない人ばかりがいる世界に
普通な人がアリスたった1人だけになると

周りが普通になり
アリスが普通じゃなくなるわけです。

そんな世界観が見事に表現されていて
「常識」や「普通」というものに対して
深く考えさせられる作品でした。

 

会社員時代の私にとって
給料が月収20万円なのも普通でしたし

土日祝が休みで
平日は毎日8時半から17時半まで働くのが
普通でした。

上を見れば上司がいて
下を見れば後輩がいて

そんな中で組織に順応していくのが
普通だったのだと思います。

 

でも、私の中では
それが普通だとは思えませんでした。

「なぜ上司にお酒をつがないといけないのか」

「なぜ飲み会に参加しないといけないのか」

今回のミュージカルでいうと
私は会社の中でアリス状態だったのかもしれません。

そんな中で自分を必死で
組織に順応させようとすることは
本当に辛くしんどいものでした

自分の人生なのに
自分の人生ではないという感覚でした。

でも、そこから一歩抜け出すには
勇気と決断が必要です。

 

今回のミュージカルでもありましたが

 

檻の中にいる鳥のほうが幸せなのか

それともカゴから出て自由に羽ばたいたほうが幸せなのか

 

です。

 

檻の中にいれば
毎月安定的に給料が支払われて
生活に困ることはありません。

来月・1年後の生活の心配は
ほとんどないでしょう。

 

でも

 

カゴの中から大空を羽ばたく鳥を見て
きっと思うわけです。

「あの人たちは特別なんだ」

「どうせ怪しいことをしているんだ」

そう思いいながら
自分の可能性や本心を隠して
檻の中で生きていくわけです。

 

 

でも、一度カゴから出ると
ものすごい可能性があります。

 

月収20万円だったサラリーマンが
年商1億円以上の会社の社長になったり

好きな時間・好きな環境で仕事ができたり

素晴らしい社員に恵まれたり

 

カゴの中では絶対に見られなかった
景色が今ここにあります。

 

この感覚は今私も周りにいる
経営者の方々にとっては普通です。

 

でも、会社員の方にとっては
普通ではないでしょう。

 

では、どうすれば自分の本心に従って
生きていくことができるのかというと

 

自分にとってコレが普通だと
思いたい環境に身を置けば良いのです。

 

例えば、年商1億円を超えると
起業家の人たちにはスゴいと言われることが
増えてきます。

 

でも、私にとっては普通で
普通どころかまだまだ努力が足りないと
思っています。

 

だから、「1億なんてまだまだでしょ」と
言われてしまう場所に身を置くことで
1億は普通。

10億ぐらいはいかないと。

 

と思われるような場所に
身を置くようにしています。

 

それが本当に居心地が良いわけです。

 

自分にとってこれが普通だと
思いたい場所に自分の身を置くことが

 

本当に幸せなのだと私は思います。

 

あなたの普通が今いる場所では
普通なのかを一度考えてみるのが
良いと思います。

 

きっとあなたの普通が
周りにとっては普通ではないとしたら

 

あなたは今のその世界に
いるべきではないと思います。

 

素晴らしいミュージカルを見た後は
私の師匠である林明文さんの
Facebook LIVEに特別ゲストとして
参加してきました。

生放送の臨場感は
本当に楽しかったので

 

OECでもFacebook LIVEを
試してみたいと思います!