海江田和記です。

今、コーチやコンサルをやっている人でインターネットで集客をしている人たちはブログやSNSを使っている人が多いと思います。

私もブログ・facebook・Youtube・オウンドメディア・Podcastと多くの媒体を使いながら集客をしていますが、たまに「どれから始めた方が良いですか!?」とか「今、何が流行っていますか!?」と質問されることがあります。

 

私の回答としてはどれから始めてもOKですし、何が流行っているかなんてどうでも良いと思っています。

むしろ、流行に乗って始めるという思考はインターネット集客においてはかなりズレている思います。

 

少し、大きな視点で考えてみて欲しいのですがインターネットがなかった時代というのは企業は新聞に広告を掲載したりテレビCMを使って宣伝をしていましたよね。

 

ではなぜ、新聞広告やテレビCMで宣伝をしていたのかを考えてみてください。

 

答えは「人がたくさん見ているからです」です。

 

それがインターネットが普及してヤフーやグーグルに人がたくさん集まるようになりました。

そしてmixiやTwitterにはじまり、facebook・Youtube・Instagramなどが出てきてそこにも人が集まるようになりました。

 

アクセスが集まるということはそこに宣伝できるチャンスがあるということです。

しかも無料で宣伝ができてしまうわけですよね。

 

その結果が今、です。

多くの人が自分の宣伝に各メディアを使おうと必死で情報発信をしていて、宣伝する人が多くて下手をすると埋もれていきます。

 

では集客ができる人と埋もれる人の違いがあるとすると、それは「メディア」に対する意識だと私は思っています。

先ほどお話をした、私が使っている5つの媒体は私の大事なメディアだと思っています。

 

ブログもSNSもpodcastも一生残っていくものだと思って作っていますし、一度読んだ人が他の記事や投稿も読みたくなってしまうようなものを作っていかなければいけないと思っています。

メディアを通して自分のことを認知してもらってファンになってもらいたいわけですから「面白い!」「会ってみたい」と思ってもらわなければならないわけですよね。

 

逆に言えばメディアを大事な価値提供の場所であると分かっている人は何を使ってもうまくいきますし、流行すらも関係ありません。

人が集まってさえいれば集客することはできます。

 

自分の媒体を使ってセミナーに人を集めるのも自分のサービスを売ろうとするのももちろん大事だとは思います。

 

でも、何年・何十年先を見据えて自分のメディアが一生価値あるものとして残していくものだという前提で今の自分のメディアを見た時にどうでしょうか!?

 

本当に価値のあるメディアならこれからどうなっても一生残っていくと思いますしそこからどんどんお客さんが集まってくると思います。

 

だから長期的な目線で考えて「メディア」として一生涯価値のあるものとして作っていきましょう!

 

そうすれば価値を感じた人たちが自然と集まってきてくれますから。