1. TOP
  2. ブログ
  3. 起業始めて間もない頃、失敗を繰り返していたことや悩んでいた頃の問題解決の方法

起業始めて間もない頃、失敗を繰り返していたことや悩んでいた頃の問題解決の方法

 2018/07/06 ブログ マインドセット この記事は約 4 分で読めます。 546 Views

海江田和記です。

昨日もLINE@にご登録いただいている方から「起業始めて間もない頃、失敗を繰り返していたことや悩んでいた頃のこと、またその問題をどうやってクリアしていったのかを教えてください」というご質問をいただきました。

自分で書きたいことを書くのもいいけど、こんな風に、メルマガとかLINEを見てくださっている方からのご質問に答えていくというスタイルもいいですね!

私自身も振り返ったり考えたりできるのでありがたいです。

なので、メルマガやLINE@を見てくださっている方はどんどん質問を送っていただければ嬉しいです。

 

さて、今日のご質問の内容なのですが、まず私は起業始めて間もない頃、どころか・・・今も、いつも悩み続けています。

「今のやり方で良いのかな」

「自分はこの先どうしたいんだろう・・・」

「新しいチャレンジをしたけど、うまくいかなかったらどうしようか」

この悩みは起業した時からというよりもきっと、誰もが生まれてから死ぬまで悩み続けることなんじゃないかと思います。

 

そして、失敗の繰り返している時や悩んだ時にどうやって問題を解決してきたのかは、本当はあなたが知っているはずです。

だって、今まで何の失敗も悩みもなかった人なんていないわけですから問題の解決をあなたはしてきたはずですよ。

 

まずは自分がどうやって今まで問題を解決してきたのかを思い出してみてください。

その時のやり方があなたにはベストな解決方法かもしれませんからね。

 

では今回はビジネスで私が失敗を繰り返したり、悩む時の解決方法をお話しますね。

 

まず、私はいつも失敗ばかりです。

新しいことをやろうとすると失敗の連続でボコボコにされます。笑

 

今うまくいっていることだけおとなしくやっていればいいのですが・・・それじゃ面白くないから新しいことを始めてしまうのです。

そういえば、先日ブルーレイで「グレイテストショーマン」を見て、その時に主人公が「気楽は進歩の敵だ」と言っていました。

あの感じに私の感覚は似ています。

 

どれだけ失敗してもいいから一歩でも進歩したい。

悩んでも苦しくてもいいから昨日より、今日。今日より明日・・・俺、成長してるわって思える自分でいたいですし、自分の失敗が絶対どこかでクライアントの役にたつと思っているから、失敗した時も落ち込むことはありません。

 

「あーーこれやったら失敗するのか・・・クライアントに教えよう!」ぐらいの感じです。

 

もちろん、少しは凹みますけどね。笑

 

今回ご質問をいただいた方もきっと失敗を繰り返していたり悩んでいるからこんな質問をくれたのだと思います。

だったら、最高です!だって進化しようとしているんでしょ!?

 

失敗するということはベタですけどチャレンジしているということで、失敗を繰り返しているということは試行錯誤しているってことじゃないですか。

 

そういう自分にまず自信を持って欲しいです。

 

本当にあなたはカッコイイ。

私もあなたを尊敬します。

 

そして、私もあなたみたいにたくさんチャレンジして、試行錯誤して常にボコボコにされて頑張りたいと思います。

 

だから、どんどん失敗を繰り返してどんどん悩みましょう!

私も死ぬまでそうするつもりです。

 

全てが解決して悩みがなくなれば気楽になれます。

でも、気楽になったら進歩ないですからね。(→グレイテストショーマンより)

 

それだけは絶対にイヤだ!

 

あなたもそうでしょ!?

 

私の問題解決方法は必死で考え抜いて今の自分が考えられるベストだと思える選択をして、それを本気で実践してみること。

考えるだけでは意味がないし、やってもうまくいくかはわからない。

 

だからとにかくやってみる。

 

それがうまくいかなかったらまた、新しい方法を考えればいいだけです。

 

そうやって考えて行動していくことが成長だと私は思います。

 


\ SNSでシェアしよう! /

海江田和記公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海江田和記公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 大失敗と妻からのすごいアドバイス

  • 成果を出す人はみんなスワイプファイルを集めている

  • 無料媒体で月収100万円は確実に狙える、1000万円も十分に目指せる。

  • 今すぐに成功者になれる方法を話すことにしました

  • ついにクライアントが法人化をするそうです

  • 打ち合わせのはずが説教してしまいました