1. TOP
  2. 未分類
  3. パレートの法則を使って2時間で仕事の8割を終わらせるための3つの条件。

パレートの法則を使って2時間で仕事の8割を終わらせるための3つの条件。

未分類 この記事は約 4 分で読めます。 108 Views

海江田和記です。

 

少し前にメルマガでパレートの法則の話をしたのを覚えていますか?

 

パレートの法則はイタリアの経済学者のヴィルフレド・パレートが発見したもので、経済において全体の数値の大部分は全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論で80:20の法則とも呼ばれています。

 

以前、パレートの法則をネットで調べていた時に「仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。」という言葉を見て

 

今、自分が取り組んでいるタスクに目を通してみると・・・・

 

仕事の成果の8割が費やした時間の15%だったことが判明してビックリしたという話をしました。

 

そして今日はもう1つパレートの法則(80:20の法則)に当てはまる新しい発見をしました

 

それは・・・・

 

1日にやるべき80%の仕事は最初の20%の仕事時間で終わらせられることができる。

 

 

実際に私が1日でやるべき仕事のうちの8割の仕事は朝起きてから取り組む最初の2割の時間で終わっています。

 

でも、これはいつでも最初の2割の時間で8割の仕事が終わっているわけではなくて、ある一定の条件を満たした時にそれが可能になっています。

 

あなたも朝起きてから最初の2割の時間で8割の仕事終わらせられるように是非、なってほしいので今日は私がそれを実現するためにやっている一定の条件についてあなたにシェアしたいと思っています。

 

まず1つ目の条件は前日の夜に翌日やるべきタスクを書き出すことです。

 

これはメルマガでも何度もお伝えしているので聞いたことがあるかもしれませんがただ、やることを書き出すのではなく
タスクリストをさらに細かく作るようにします。

 

例えばやることの中に「メルマガを書く!」というのがあったとすると前日の夜にタイトルや書く内容の構成をあらかじめ決めておけば何を書こうか悩むことはありませんよね?

 

それぐらい1つ1つのやるべき行動を細分化して朝になった時に考えることなく行動できる状態を作っていくのは非常におすすめです。

 

そして、2つ目の条件は朝起きてすぐに仕事に取り組める状態を作っておくことです。

 

私は必ずデスクを綺麗にして整理整頓してパソコンだけを置いた状態ですぐに仕事に取り掛かれるようにしています。

 

余談ですが私は朝起きて2分でパソコンの前で仕事をしています。

 

メルマガを書いたら朝ごはんまでの残り時間で8割の仕事を終わらせると決めているのでここから気合いで一気に仕事をしていきます。

 

そして3つ目は寝る前のイメージトレーニングです。

 

これが結構効果的で寝る前に翌日起きてから最初の2割の時間で猛烈に仕事を終わらせている自分をイメージするのです。

 

そうすると朝起きてからそのイメージで仕事ができるので騙されたと思って試してみてください。

 

ダラダラ何時間も仕事をしなくても今あなたが仕事に使っている2割の仕事で8割の仕事を終わらせることは十分に可能です。

 

時間があるからダラダラ働いてしまうのです。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

海江田和記公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海江田和記公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ついにクライアントが法人化をするそうです

  • 自分へのご褒美にロレックスのデイトナ16520を買いました!

  • 意外と誰も知らないランディングページが長い理由

  • 売れるもマーケ当たるもマーケ(マーケティングを学びたい人)

  • 言葉にスキルやテクニックは必要か!?

  • あなたの前提条件で結果は変わる